1. TOP
  2. > 採用情報
  3. > 社員メッセージ

採用情報

社員メッセージ

  • 矢島拓哉
  • 松本大
  • 松本幸太
  • 小林寛志
  • 若林潤

上(電線)というより下(地下)なのか!
インフラに関わる仕事に大きなやりがい

矢島 拓哉土木部2014年度入社

現在の仕事内容は?

 電気工事は人の生活と密に関わる。それが大きなやりがいです。
 現在は、洞道内の古くなったセグメントボルトや腐食した鉄筋を研磨、防水加工等を行い、補修する工事に就いています。また、漏水箇所の修復も行っています。

入社のきっかけは?

 人の役に立つ仕事、社会に貢献する仕事に就きたい! インフラに携わる仕事を探していたときに、大学の職員の方から東起業を勧めていただきました。業務内容は電気関係であり、まさに私が探していた仕事でした。
 当初は、電柱や電線を修理したり加工したりする会社なのかと思っていましたが、実際は管路工事(地中工事)が主な仕事だと聞き、「上(電線)というより下(地下)なのか!」と少し驚いた記憶があります。
 実家が建設会社ということもあり、この仕事や業界については自分以上に知っています。ただ一言「頑張りなさい」と背中を押され、現在の自分がいます。

矢島 拓哉

印象に残っている仕事は?

 初めて現場仕事に就いた電気供給工事です。施設に電気を送るためにマンホールを作る――大工職人の方が配筋・型枠を組み立て、コンクリートを流し込み固める。それを何度か繰り返し少しずつマンホールが出来上がっていく――という過程を見たことが印象深いです。

「それぞれの夢を形に」あなたの夢は?

 インフラに携わる仕事に就きたいという夢は入社と同時に叶ったので、今は次の夢を模索中です。

矢島 拓哉
学生へのメッセージ

 初めは分からないことが多く、悩み、落ち込む時期が来るかもしれません。ですが、それはみんな同じです。
 私もまだまだ分からないことは多く、先輩のところへ何度も足を運び、その度に叱咤激励されています。経験を積み、先輩を超えることが、私なりの恩返しだと思っています。一緒に先輩を見返しましょう。

次なる課題は現場を進める力と知識
建築という仕事で人や社会に貢献したい

松本 大建築部2013年度入社

現在の仕事内容は?

 福島支店に出向し、新築の現場係員をしています。お客さまや業者の皆さん、担当設計士との連絡、作業計画書や見積りの際の参考図の作成、現場作業の記録等を行っています。
 まだまだ経験は少ないですが、現場を引き渡し、最後の挨拶をする際、「お疲れさまでした」というお客さまからのひと言にやりがいを感じる日々です。

松本 大

入社のきっかけは?

 大学で学んだ建築を通して、人や社会に貢献する仕事をしたいと考えて就職活動を行っていました。東起業は電気系統のインフラを多く手がけており、また近年は改修・復旧等も行っており、自分の考えていたことが実現できると思い志望しました。

印象に残っている仕事は?

 初めて更地から完成を見た火力発電所内の基礎新設工事です。発電所の安全に関する多くのルールが設けられ、構内は常に職員の方が巡回しており、安全面の管理は万全でした。この経験から、具体的に作業の安全性の確保について考える力を身に付けることができたと思います。

「それぞれの夢を形に」あなたの夢は?

 入社動機として掲げた、社会に貢献する仕事に就くという夢は叶いましたが、まだまだ現場を進める力は微力で知識も足りていません。もっと知識や経験を積んで、自分の力で人や社会に貢献していければと思います。

松本 大
学生へのメッセージ

 電気関係の工事をはじめとし、さまざまな工事を行っている会社です。特殊な環境下での工事も多いので、多くのことを学んでいけると思います。また、建設業を通じて社会貢献をしたいと考える方にとっては、個人単位から社会単位まで幅広く貢献できる会社だと思います。これらに魅力を感じる方はぜひ、東起業で一緒に頑張っていきましょう。

必要な資格には果敢にチャレンジ
知識と器量を兼ね備えた人になりたい

松本 幸太総務部2013年度入社

現在の仕事内容は?

 書類の作成・整理、また運転手などが今の主な仕事です。仕事の知識、実力ともにまだまだ不十分で、先輩方からの指導を受けつつ、動いているのが現状です。
 会社の補助をいただき、衛生管理者の資格を取得しました。将来的に私の業務として、労働環境の衛生改善・管理・快適な職場づくりが求められてきます。そのために最低限の知識を身につけたい。今後は宅建や簿記にも挑戦し、自分の力にしたいと思います。

入社のきっかけは?

 小売業界からの転職、入社前は不安でいっぱいでした。現在も私ができることは限られていますが、どんな仕事に対しても先輩方は「ありがとう」とあたたかく声をかけてくださいます。また、ある先輩には「あなたが総務に来てくれて良かった」と言っていただいたことも。本当に嬉しかったです。
 前職で思い悩む私を知っている家族からは、「前の仕事のときよりいきいきしている」と言われます。この会社に転職して人生が変わりました。

松本 幸太

印象に残っている仕事は?

 会社案内のパンフレットを作成するプロジェクトに携わりました。自分たちの考えが形になり、完成したときは達成感に包まれました。

「それぞれの夢を形に」あなたの夢は?

 総務の中心になり、会社の先頭に立つ人間になることです。資格をたくさん取り、知識と器量を兼ね備えたいと思います。そのための努力を惜しまず、有言実行を目指します。

松本 幸太
学生へのメッセージ

 東起業には「和」があります。ひとつの目標に向かい、皆が協力し、助け合う企業風土があります。
 若手社員をバックアップする体制が整っているので、安心してください。楽しいこと、大変なこといろいろありますが、東起業での充実した日々は心地良いものであると私は断言します。

仲間とともに造り上げる達成感
「上善は水の如し」という生き方を目指す

小林 寛志土木部2012年度入社

現在の仕事内容は?

 土木工事の現場管理をしています。現場の安全はもちろん、どのようにしたら滞りなく現場が進むのか、より良い現場ができるのかを、常に考えながら業務に就いています。
 今まで取り組んでいた工事が終わり、自分たちが造ったものの完成形を見た瞬間の達成感。この会社に入って良かったと感じます。

入社のきっかけは?

 大学の研究室の教授の紹介です。
 入社直後、当時の総務部長から「上善は水の如し」という老子の言葉をいただきました。最高の人生のあり方は、水のように生きるということ。水は自分の存在を主張しないで、低い方へ自然に流れていく。水のようにしてこそ心穏かに過ごすことができ、また円満な人間関係を創り上げることができる。初めて聞いたこの言葉を、今でも心に留め、座右の銘にしています。

小林 寛志

印象に残っている仕事は?

 最初に携わった、橋に電気の管を架ける工事です。その橋を見るたびに少し誇らしい気持ちになります。そして、そこは初心に帰ることができる場所にもなっています。

「それぞれの夢を形に」あなたの夢は?

 分け隔てなくさまざまな人のためになる仕事をしたい。今まさに、その夢の中にいる感覚です。

小林 寛志
学生へのメッセージ

 東起業という会社をひと言で表すと、ありがちな言葉ですが“仲間”です。私の仕事は、事務職とも営業職とも異なります。多くの場合、複数の人々と仕事を行い、困ったことがあれば他現場で働く人たちとも協力し合うので、“仲間”という言葉を強く感じます。どんなことでも親身になってくれる皆さんに囲まれ、公私ともにいい人間関係が築けていることに大きな魅力を感じています。
 皆さんと同じ現場で一緒に働ける日を楽しみにしています。

それぞれが会社に貢献する「少数精鋭部隊」
地中に新しいモノを造るやりがい

若林 潤土木部2011年度入社

現在の仕事内容は?

 土木現場における現場監督です。主に作業員さんたちの安全管理や現場の施工管理に携わり、毎日動き回っています。
 土木は、建築と違ってビルを建てるような目に見えるモノを造るわけではありませんが、自分の考えた図面を現場で反映し、地中に新しいモノを造るという仕事に魅力を感じています。毎回現場でたくさんの人たちと知り合えるので、人脈が広がっていきます。そんなコミュニケーションもやりがいにつながっています。

入社のきっかけは?

 大学からの紹介で、東起業を知りました。社員に同じ学部の先輩がいることも入社のきっかけになりました。
 東起業の第一印象は社長が若くて明るいということ。だからでしょうか、社員の皆さんも元気で明るい。社員数は決して多くはないですが、皆さん仕事ができるので、それぞれがそれぞれの場所で会社に貢献しようと努力しています。まさに「少数精鋭部隊」。たくさん刺激を受けながら、自分も成長していきたいと思っています。

若林 潤

印象に残っている仕事は?

 あるショッピングモールの電気工事を2回やりました。裏方の仕事ですが、規模の大きな工事ができていい経験になりました。

「それぞれの夢を形に」あなたの夢は?

 夢というほどでもないのですが、仕事だけの人生ではなく、人生を楽しむということが目標です。「仕事ができる」「家族を大切にする」「プライベートも楽しむ」そんな人でいたいです。

若林 潤
学生へのメッセージ

 とにかく元気でアグレッシブで明るい方大歓迎! 体育会系の人は特に活躍できると思います。土木に興味がある人はもちろん、自分のように全く無知でも入社後の教育環境は整っているので、楽しく学んでいくことができます。一緒に明るい職場をつくりましょう!

PAGE TOP