1. TOP
  2. > 会社情報
  3. > ご挨拶

ご挨拶

布戸隆多

それぞれの夢を形に

 当社は、昭和24年の創業以来「社会の進歩発展に貢献」することを企業理念に一致団結し、社業の発展に努力してまいりました。
 創業当時、湾岸地域の建設業者として東京都14号地、15号地の埋立や湾岸嵩上げ工事を手がけ、その後厚生省(当時)発注の「こどもの国敷地造成工事」や電力関係の「新富士、新榛名、福島の変電所・発電所の敷地造成工事」を施工。時代の変化とともに、地中送電線管路工事等の電力インフラ設備をはじめ、道路、下水、さらには既設設備の維持補修、耐震補強工事等、社会のニーズに迅速に応えるべく全力を挙げて取り組んでおります。
 これは社会や発注者殿への貢献を目的とすることはもちろんのこと、社員一人ひとりが自らを研鑽し、持てる技術力を磨き、インフラの構築や構造物の延命化等仕事を通じて社会に貢献するとともに、社員やその家族を幸福に導く強い意志・夢を持つことによって実現していると思っております。
 東日本大震災は未曽有の大災害でしたが、復旧・復興事業もようやく本格化し、当社も社を挙げて多くの取り組みを継続。当社は、福島地域再生に向けていち早く福島支店を設置し、土木・建築事業において長年培ってきた技術力と社員を結集し、復旧・復興事業に実績を積み重ね、一日も早い福島再生へのお手伝いを今後とも続けてまいります。これから迎える2020年東京オリンピック・パラリンピック、さらには関東直下型地震等の可能性を考えるに建設業の果たす責任は非常に大きいと認識しております。
 皆さまの幸せと社会の進歩発展に対し、私どもは全力で取り組む所存です。今後とも変わらぬご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

東起業株式会社 代表取締役社長 布戸隆多

PAGE TOP