1. TOP
  2. 会社概要
  3. > 東起業グループ会社 総和興業株式会社運送部門の社員インタビュー

総和興業株式会社運送部門の社員インタビュー

総和興業株式会社運送部門の社員インタビュー

原子力発電所内で働く方々への給食配送業務を立ち上げました2011.3.11東日本大震災により福島県は甚大な被害を受けました。そして今なお、復興作業は続いています。過酷な現場で働く皆さんに何か役立てることはないか。そこで、東起業のグループ会社、福島県双葉郡富岡町に本社を置く総和興業株式会社は、復興関連事業として、原子力発電所内で働く皆さんへの給食配送業務を立ち上げました。復興作業に携わる皆さんは、一般の人のように気軽に食事をとることはできません。本プロジェクトの第一線で働く4人に話を聞きました。

運行管理責任者 松本幸喜
松本 幸喜

運行管理責任者(運行管理全般および車両管理)

現在の仕事内容は?
 私は、輸送関連の仕事に25年以上携わってきました。その経験を買われ、今回、東起業から出向という形で、給食配送業務の旗揚げに参加させていただくことになりました。
 食品の運搬は初めての経験で不安もありましたが、運転手仲間とのチームワークがそんな不安を吹き飛ばしてくれました。現場の問題や改善に一丸となって取り組むことで、原発内で働く作業員の皆さんに美味しい給食を支障なく届けることができています。
本プロジェクトへの意気込みは?
 給食配送業務は、決められた時間内に届けるのが鉄則。日頃の車両の整備から始まり、運転手の健康状態および精神状態の管理等々、やりがいのある仕事なので達成感は大きいです。
 安全貫徹。事故を絶対起こさない気持ちを胸に、頑張っていきたいと思います。
給食配給ドライバー、運行管理補助者 末永利雄/給食配給ドライバー 小野成夫
末永 利雄(写真左)

給食配給ドライバー、運行管理補助者(現場作業指示者)

現在の仕事内容は?
 大型免許は持っていたものの、運転手としての仕事は今回が初めてです。運転に慣れることが何よりも必要でしたが、3月に入社、6月本格業務開始ということで、準備期間はたっぷり。万全の態勢で業務に就くことができました。
 とにかく事故を起こしてしまったら、給食を届ける時間が遅れてしまい、温かい食事を心待ちにしている作業員の皆さんに迷惑をかけてしまいます。プレッシャーはありますが、復興に携わる仕事に誇りを持ってハンドルを握っています!
本プロジェクトへの意気込みは?
 近い将来「運行管理者」の資格を取得し、総和興業の中心的役割を果たせるようになりたいと思います。
小野 成夫(写真右)

給食配給ドライバー
 

現在の仕事内容は?
 化粧品の営業を長年やっていました。営業車で毎日運転はしていましたが、プロのドライバーとしての経験がないので、少なからず不安はありました。
 しかし、年長者である私に対し仲間たちがあたたかく接し、支えてくれるので、そんな不安はすぐに吹き飛びました。やりがいのある、充実した日々を送ってます。
本プロジェクトへの意気込みは?
 年長者として、場を和ませる役割ができれば幸せです。

給食配給ドライバー 佐藤純子
佐藤 純子

給食配給ドライバー

現在の仕事内容は?
 知人の紹介で総和興業を知りました。面接を受け、仕事の内容をお聞きすると、私が扱う車両はなんと2トンロングワイドボディの箱車とのこと! しばし考えましたが、もともと車の運転は好きだし、オートマチックなのでなんとかなるかという気持ちが勝って、この世界に飛び込みました。
 とはいえ、初めてトラックを見たときには「デカ…」と一言。女性の私に扱えるのかなぁ、というのが正直な思いでした。しかし、仲間と一緒にミラーの見方からハンドル操作等々をしっかり練習しているうちに、徐々に自信が付いてきました。そして、本格業務開始!! 今現在、無事故無違反でプロトラックドライバーとしての自覚も大分出てきました。
本プロジェクトへの意気込みは?
 ちょうど仕事に慣れてきた頃なので、とにかく安全第一! 初めてトラックの高いシートに座ったときの感覚を思い出し、初心の気持ちでハンドルを握っていきたいと思います。
PAGE TOP